SHELLYが田中みな実を嫌いな理由はコレ?仲直りの可能性も

芸能人

先日17日放送の「ダウンタウンなう」で共演された、タレントのSHELLEYさんが田中みな実さんに投げかけた衝撃発言が話題となっています!

過去には数々のバラエティ番組等で共演され、番組を盛り上げてきたお2人ですが、今回の問題発言はどうやら今にはじまった事ではなく、「過去の田中みな実さんの言動のここが気になっていた」旨をSHELLEYさんは番組内で告白しました。

これまで歯に衣着せぬ直球の発言が支持を得てきたSHELLEYさんですが、嫌い発言は番組を盛り上げるための単なるリップサービスだったのでしょうか?

あるいは本心から田中みな実さんのことがキライになってしまった?

今回はお2人の娘さんを設けた最愛の旦那さんと、残念ながら離婚されたSHELLEYさんが田中みな実さんを嫌う理由と、今後の仲直りの可能性、お2人のキャラクターの変化についてをまとめてみました!

不仲の原因は女性目線を意識した〇〇が原因だった?

ダウンタウンなうにて田中みな実さんに「いや、だから本当嫌い」と発言したSHELLEYさんですが、その理由は女性ファンを意識したキャラクターの変化にあるようです!

ぶりっ子キャラからの路線変更では、過去にはこりん星が実は存在しなかったと告白した小倉優子さんがいらっしゃいますよね。

実際にこりん星の実在を信じていた私としては、サンタクロース以来の衝撃を受けてしまい体重が1.5kgほど落ちるダメージを負いましたが、今思えば小倉優子さんの判断は男らしいと言いますか、立派だったと思います!

小倉優子さんご本人は当時、宗旨変え?に際して「これから先の芸能生活をこのキャラクターで継続するのはどう考えてもムリがある」として苦悩の中で決断した旨を後に語られましたが、

SHELLEYさんの指摘する田中みな実さんのキャラ変も、まさしく小倉優子さん同様の、時流の変化を読んだ上での英断と言えるのではないでしょうか?

田中みな実が女性ファン獲得に舵を切る、とても現実的な理由…!

ダウンタウンなうでSHELLEYさんの語った、田中みな実さんがぶりっ子キャラ一辺倒から、現在の女性支持を意識したスタイルへと変化した理由は、「お金にならないと気付いた」からだそうです!

まさしく直球ですね(笑)。

お金のためだけ!という理由だけでは少し寂しい気もしますが、ファンからの人気が収入に直結する芸能界のお仕事では、きれいごとを抜きにして、お金にならないキャラクターを続けるのは、結局のところ誰のことも幸せに出来ないのかもしれませんね。

SHELLEYさんによると、田中みな実さんはぶりっ子キャラを現在も継続中ながらも、「私、本当はネガティブなんです」と、等身大の女性としての弱さを見せるように変化したそうです。

バーレスク東京 メンバーの年齢とSNS一覧!【2020最新版】

現在はプライベートで着用する私服やメイク・生活スタイルを含めて、お手本的な存在ともなっている田中みな実さんにとって、ご自身の素直な本音を伝えるようになったのは、正解だったと言えるのではないでしょうか。

田中みな実

田中みな実のキャラ変更は3年前のアノ番組で始まっていた?

SHELLEYさんの発言により改めて浮き彫りとなった、田中みな実さんの「かわいい」だけではない魅力の打ち出しでしたが、

ぶりっ子全盛期?から現在の熱烈な女性ファン獲得にいたる路線へと踏み出したのは、少なくとも約3年前の日本テレビ「今夜くらべてみました」で始まっていたようです!

奇しくもSHELLEYさん・田中みな実さんのお2人共に、ゲストとして出演されていた「今夜くらべてみました」ですが、

独り暮らしの自宅に女性の天敵であるゴキ〇リが出現して引っ越しを決断しただけでなく、毎回の番組打合せでは、担当ディレクターの表情に一喜一憂して落ち込みがちである旨の告白をされています。

この時すでに新たな女性ファン獲得に向けての戦略が田中みな実さんの頭にあったとしても、番組スポンサーに対して一定以上の視聴率を示せなければ、レギュラーの座を降板となるのは人気芸能人でも例外はないのでしょうから、彼女のいつわらざる本音を聴くことができた気もします。

【まとめ】仲直りはアリ?2人のこれからについて

約3年前に共演した番組「今夜くらべてみました」にて、実は田中みな実さん同様にキャラ変更を行っていたSHELLEYさん!

現在も継続中のストレートな言動はSHELLEYさん最大の魅力かもしれませんが、上記番組内で彼女はチアシード等のスーパーフードを採り入れた、「意識高い系」の生活を告白しています。

私的にはSHELLEYさんとスーパーフードはぴったりなイメージですが、

田中みな実さんの路線変更を指摘したSHELLEYさんご自身が、時流に応じてキャラ変する重要性をよく理解していることの、証明である発言だったのではないでしょうか。

ご自身がキャラ変更を試みていながら田中みな実さんに対して指摘するのは、一見矛盾する行動かもしれません。

しかし今までの順調な芸能生活が、これから先の活動を保障してくれるかについては、まさしく一寸先は闇なのが芸能界だとすれば、

同じ芸能界を生き抜く女性タレントとして、お2二人の間に戦友として互いを尊敬する感情があるからこそ、「ダウンタウンなう」での絶妙なやりとりが実現できたのかもしれません。

メールアドレスの入力は必要ありません

タイトルとURLをコピーしました