ゴーンの楽器ケース出国にヤマハが傷心!節度ある行動を求めます

カルロス・ゴーンビジネス

日本経済の中枢に位置する有名企業をかつて率いていたゴーン元社長ですが、

本来の手続きを省略した出国方法を採った際、楽器ケースをこちらも本来の使用方法とは異なる手続きを用いてしまったことが明らかとなりました。

ゴーン元社長が実際にヤマハ製の楽器ケースを用いたのかは不明ですが、出国方法を巡るSNSの盛り上がりを受け、数多くの企業群からなるヤマハの楽器情報部門「ヤマハ・ウインドストリーム」の発したツイートが話題になっています。

楽器ケースで出国するのは本来の使い方ではありません?

「ヤマハ・ウインドストリーム」が心を痛めている理由は何なのでしょうか?

ヤマハ・ウインドストリーム社のツイッター公式アカウントで情報拡散したことで日本・あるいは国際社会に与える影響とは?

今回は実際に国をまたいだ事態に展開している騒動の中で、本来は夢を提供する立場だったはずの楽器ケースが果たす役割と責任、そして私達の知らない夢現の可能性に迫りたいと思います。

カルロス・ゴーン

ゴーン元社長がヤマハ製楽器ケースを選んだのは日本企業への高い信頼から?

約18年間の長期に渡り日産自動車の舵取りを行ってきたゴーンさんですが、

海外と日本を往復する多忙な生活の中で、日本の文化にも愛着を深めていたと伝えられています。

残念ながらヤマハ製楽器とゴーンさんのエピソードは見つけられませんでしたが、家族を日本に呼び寄せて生活する中で、ヤマハ製品の素晴らしさを体験する機会もあったのではないでしょうか。

コントラバス楽器ケースの気密性・堅牢性から予想される2次災害

こわれた業務用冷蔵庫等に子供が入り込み深刻な事態に発展してしまうケースは、日本国内だけでなく海外でも同様に起こるようですが、

信頼性の高い楽器ケースであれば、例え中に入り込んだのが大人であったとしても、取り返しのつかない事態に繋がる可能性は容易に想像できます。

今回のヤマハ・ウインドストリーム社による注意喚起の目的も、まさに冷蔵庫に入ってしまう子供のような例を防ぐためと思われますが、想定されているのは子供ではなく分別のある大人ではないでしょうか?

実際に5か国語を操るゴーン元社長ともあろう方が、内緒の渡航方法として楽器ケースに入り込んでしまったのですから、いわゆる「バカッター」の方と同様の行動を取ってしまう危険性は現代人の等しく抱えるリスクと捉えておいたほうがよいのかもしれません。

【まとめ】心のゆとりと遊び心の調和する社会をめざして

ビジネス=営利の追求が尊重される私達の社会の中で、

一見高度な分別を身につけたはずの大人が、時に今回のような喜劇を演じてしまう例があります。

それは一時的な気の迷いなのでしょうか?

あるいは営利だけを追い求める私達の存在が喜劇そのものなのでしょうか。

メールアドレスの入力は必要ありません

タイトルとURLをコピーしました