いくぴーチャンネルの映すマニラの瞳

いくぴー マニラ旅人
スポンサーリンク

【上記画像出典:https://www.instagram.com/p/BkMuhWxDIIQ/】

【画像提供:ミン・メイショ―ボウ画伯】

さる
さる

こんにちは。今回はいくぴーさんの「いくぴーチャンネル」「ただのいくぴー」をご紹介します。

スポンサーリンク

トンド地区

「【トンド地区】東南アジア1のスラム街は異次元の世界だった!【マニラ#02】」

【トンド地区】東南アジア1のスラム街は異次元の世界だった!【マニラ#02】
さる
さる

いくぴーさんがローカル局ながら、ラジオ・テレビ局の出演を果たすきっかけとなったのが、フィリピン・トンド地区の暮らしを伝えた今回のシリーズです。

ねこ
ねこ

1万人の時点でメディアに注目されるのはスゴイ。

フィリピンマニラから帰国後、初のラジオ出演!【ラジオ岸和田】

いくぴー ラジオ出演【出典:https://youtu.be/G1njJ7nQmWk】

ねこ
ねこ

トンド地区ってどんな所ですか?

いぬ
いぬ

ワンピースの主人公ルフィが幼少期を過ごした街のモデルとなった「スモーキーマウンテン」が有名です。

【出典:https://www.shonenjump.com/】

ねこ
ねこ

スモーキーマウンテンってどんな山なの?

スモーキーマウンテンの歴史

さる
さる

廃棄物だけで高さ30メートルの山を形成するスモーキーマウンテンの頂上には、

廃棄物を覆った土の上に、農作物や低木の育つ景色が広がっています。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

閉鎖の理由

さる
さる

大人から未就学の児童まで、過酷な労働環境の元でゴミ仕分けをする姿が国際的な批判を受けたことにより、1995年に新たなゴミの搬入は停止されました。

ねこ
ねこ

学校も行かずに子供がゴミ拾い?

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

さる
さる

政府がスモーキーマウンテンの閉鎖を住民に通告した段階では、スモーキーマウンテンに約3000世帯の人々が暮らしていました。

ねこ
ねこ

抵抗力のない赤ちゃんも、敷地内で暮らしていたんだね…。

法の規制

さる
さる

廃棄物処理による国民の健康被害・環境汚染を受けて1999年、廃棄物処理時に発生するダイオキシン等の有害物質に配慮した大気汚染防止法をフィリピンは世界に先駆けて制定します。

いくぴー インスタ

ねこ
ねこ

それでゴミ処理の問題は、少しは改善されたのかしら?

回収ルート

さる
さる

いくぴーさんの訪れたトンド地区では、ゴミ回収車や消防車の進入が不可能な狭い道幅の区域も少なくありません。

【出典:https://youtu.be/y3APGRfOhH4】

ねこ
ねこ

もし火事が起こったらどうなるの?

いぬ
いぬ

通路だけでなく、建物自体が密集・燃えやすい家が多いため、一度火災が起きると区画全体が焼失した過去の災害事例がいくつかあります。

ねこ
ねこ

ゴミ回収車が来てくれないとか、じゃあ住民はどうしてるわけ?

連鎖

さる
さる

熱帯性の気候により生ゴミがすぐに臭いを発生してしまうので一時保管が難しく、回収ルートを利用出来ない住民は、隣接する海や川にそのまま投棄する方法が現実的なようです。

ねこ
ねこ

実際に住んでいたら、それ以外の選択肢はないのかも…。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

さる
さる

またポイ捨ての習慣は、熱帯地域の集中した豪雨・台風とあいまって、

排水溝を捨てられたビニール袋等が塞ぐことによる大規模な水害の原因の一つとしてあげられています。

ねこ
ねこ

悪循環になってるのね…。

ねこ
ねこ

ゴミ処理問題は急には改善できなかったみたいだけど、生活手段のゴミの搬入が停止されてから、スモーキーマウンテンの住民はどうしたのかしら?

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

ある出来事

さる
さる

閉鎖からおよそ20年に渡る政府との交渉の中、2011年に政府が民間企業への具体的な売却計画を発表すると、賛成派と反対派に別れた運動は動きを強めました。

いぬ
いぬ

ゴミ回収で生計を立てる人の多くが、スクワッタ―と呼ばれる不法占拠者であり、周辺住民は彼らに対して好意的な姿勢の人ばかりではないようです。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

ねこ
ねこ

そっか…。

さる
さる

そして2012年、反対派のリーダーを務めていた人物が名誉ある最後を遂げる悲劇が起こります。

届ける人

さる
さる

国策として海外出稼ぎを推進するフィリピン政府が、スモーキーマウンテンの住人全員に新たな雇用を用意できるはずもなく、

移転先住居として複数の集合住宅を用意する以上のことは、現実には不可能だったのかもしれません。

いぬ
いぬ

2018年のフィリピン人出稼ぎ労働者による国内への送金は約3兆円・フィリピン国内総生産の1割に達します。

さる
さる

反対運動を行っていた住民は、スモーキーマウンテンの再開だけが願いではなく、彼らの声を届ける手段が他に存在しなかったのではないでしょうか。

【出典:https://youtu.be/HvD0sZtELWQ】

ねこ
ねこ

その頃にYouTubeが今みたいに発達していたら…。 

閉鎖自体は変わらなかったかもしれないけど、声を届けることから始まるものね。

さる
さる

改善を訴える住民の運動により、日本人監督の四ノ宮浩さん代表作「忘れられた子供達」をはじめ、世界中の注目を集めることに成功しました。

 

それは現在の海外からの支援に生きているはずですが、記録上は2014年に全員の退去が完了したスモーキーマウンテン住人のほとんどが、場所が変わっただけで再びゴミ拾いの仕事に従事しているとされています。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

トンド地区内の貧富

さる
さる

スモーキーマウンテンを後にしたいくぴーさんは、バイクタクシーの男性とトンドを巡ります。

いぬ
いぬ

トンド地区の入り口にたたずむ少女達は、それぞれスマホを手にした身綺麗な服装をしており、この後訪れるハッピーランドで出会う少女とは、生活レベルがずいぶん違うように見えます

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

ねこ
ねこ

ほんとだ、スマホ持ってる!

いぬ
いぬ

子供の学費をねん出するため、トンド地区に移り住む家族の例もあるとされる中、都市部の生活を維持できなくなった人々の受け皿としても、この街は機能しているのでしょうか。

ねこ
ねこ

女の子達だけでスマホを持ち歩いてるのなら、トンド地区内で安心なエリアもちゃんと存在するのかもね。

【出典:https://youtu.be/y3APGRfOhH4】

権利

さる
さる

通りの電線から非正規で電力を引き込む「ジャンパー」と呼ばれる盗電の光景が、いくぴーさんの目の前に広がります。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

ねこ
ねこ

不正利用

さる
さる

マニラ首都圏の最低賃金である日額500ペソを達成すると、1ペソ2円・周6日計算で年収約30万円となります。

いぬ
いぬ

世帯年収で約40万円までの層がフィリピン人口の60%をカバーするという統計にならうと、日本と同水準に設定されたフィリピンの電気料金を支払える世帯は、少数派でしょうか。

【出典:https://youtu.be/y3APGRfOhH4】

ねこ
ねこ

食費で精いっぱいな家族じゃ、収入全てを充てても払えないのかも。

さる
さる

ジャンパー行為による不正利用者を、電力会社が新聞に顔写真付きの個人情報を掲載する一方、

【イメージ画像】

さる
さる

フィリピン政府は支払い能力を下回る生活実態と共に選挙の行方を左右する住民に対して、黙認の姿勢を取っているとされています。

ハッピーランド

さる
さる

現地男性の案内で、トンド地区を構成するいくつかのバランガイ(最小行政区)の中でも最貧困地区とされる「ハッピーランド」を訪れたいくぴーさんは、

ペットボトルの仕分けを行う少女達に出会います。

【出典:https://youtu.be/k1Cd_aOnSuA】

ねこ
ねこ

さっきのスマホの女の子達とは、服装がずいぶん違うんだね。

ねこ
ねこ

学校には通ってるのかな?

さる
さる

フィリピンでは家族の生活のため労働を避けられない子供達のために、午前・午後の部と授業を分けて、なるべく全ての子供が学校に通える工夫をしているようです。

ねこ
ねこ

自分のおこずかいのためじゃないんだね。

【出典:https://youtu.be/HvD0sZtELWQ】

いぬ
いぬ

もし日本で同年代の子供が彼女達と同様の作業に従事したなら、法律上も道義的観点からも非難されるかもしれませんが、不思議と子供達の瞳は明るく感じます。

ねこ
ねこ

きっとこの子達は、ごはんが食べられない日も経験しているだろうし、仕事が出来る喜びをすでに理解しているのかもね。

ねこ
ねこ

少なくともこの子供達の親は、家計を助けてくれる子供を誇りに思っているだろうし、子供達も親のことを大切に思ってそう。

さる
さる

いくぴーさんの目の前でゴミ仕分けに従事している、現代社会の享受する飲食物の結末を最後まで見届ける少女のほうが、

社会の本当の姿を私達より知っているのかもしれません。

忖度しない環境相

さる
さる

世界のプラスチック総生産量の内、実際にリサイクルで再資源化されるのは約1割と、先進国の胸を張るクリーンなシステムは幻想であるのは、

さる
さる

2017年まで「世界のゴミ捨て場」として機能していた中国が廃プラスチック受け入れ条件を一気に引き上げた結果、先進諸国が新たな受け入れ先確保に苦労し、中身を偽ってまで廃プラスチックゴミを輸出しようとして外交問題に発展した出来事が証明しているでしょうか。

「BBC News Japan:「プラスチックごみを送り返す」 マレーシア、富裕国に抗議」

「プラスチックごみを送り返す」 マレーシア、富裕国に抗議
さる
さる

普段廃プラスチック輸出について、有意義な行為と信じ込むことで使い捨てプラスチック製品使用の罪悪感を忘れようとしている私達にとって、

さる
さる

一国の環境相が「先進国のお約束」を見事にスルーした上記作品内の発言は、映像として日本のテレビ局が取り上げるには、現段階では刺激が強すぎるのかもしれません。

【出典:https://youtu.be/Qqt8Tegt-ik】

ねこ
ねこ

便利な生活の権利を人はかんたんに要求しますが、義務としての代償を力のない国々に押し付けようとするのは、リサイクルの世界に限った話ではないようにも見えます。

いぬ
いぬ

もし自国の消費した廃棄物を国内で処分するしか方法がないのであれば、国民の引き起こす様々な疾病から、現在の使い捨てプラスチック製品規制の流れはもっと早い段階で広まっていたのかもしれません。

さる
さる

発展途上国の「世界をリードする規制」は、行き場のないゴミが国民の生活に深刻な影響を及ぼし始めたという、先送り出来ない切羽詰まった事情が主な理由ですが、

さる
さる

その姿は、中国に代わって「世界のゴミ捨て場」を引き受けたアジア諸国がすでに受け入れ中止を表明し始めた現在、先進諸国にも確実に訪れる未来であるのは間違いなさそうです。

ガイドさんの告白

「【トンド地区】ガチゲイの家に誘われたのでチップを渡して見た結果!?【マニラ#12】」

【トンド地区】ガチゲイの家に誘われたのでチップを渡して見た結果!?【マニラ#12】
さる
さる

2人目のガイド「ジェーサス・エスコバーラ」さん宅へ招いて頂いたいくぴーさん一行は、彼が性的少数派であることを告げられました。

【出典:https://youtu.be/-ehf8v0_h_o】

ガイドさん【私は決してそれを隠さない。

いぬ
いぬ

フィリピンは日本に比べ、同性愛に対する否定的意見はずっと少ないとされています。

ねこ
ねこ

「隠さない」と発言したエスコバーラさんは、理解以外の反応も経験されて来たのかも。

別れ

いぬ
いぬ

ガイドさんとのお別れの際、案内のお礼を渡そうとしますが…。

【出典:https://youtu.be/-ehf8v0_h_o】

さる
さる

あくまでチップを受け取らず美しく別れようとするガイドさんに、いくぴーさんは自分の思いを伝えます。

【出典:https://youtu.be/-ehf8v0_h_o】

ねこ
ねこ

受け取ってもらえました。 そして…。

【出典:https://youtu.be/-ehf8v0_h_o】

さる
さる

日本からやって来た若者に、ガイドさんは何を感じたのでしょう。

まとめ

観光目的で訪れるにはリスクの大きいフィリピンの貧困地区に、

旅系YouTuberだけでなく、

多くの日本人が訪れ、ツアーも組まれている理由は何でしょうか。

 

近すぎて見えない日本の生活を最も客観視できる国の一つが、

ここフィリピンなのかもしれません。

 

いつもお読み下さりまして、ありがとうございます。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました